いつか絶対本気出す

知識、経験、すべて共有!

【東伏見】アイススケート利用の際の注意点6項目

2019年1月6日(日)世の中で一番混むであろう、この日に学んだ10項目をレビューします。

2500文字 2.5分で読めます。

 

簡単に説明すると

  1. レンタルシューズは-1.5cm位がおススメ
  2. レンタルシューズは15cm~しかない
  3. 反時計間周りに周回しているだけ
  4. コケル人はスキー服着た方がいい
  5. リンク中央部は、ガチな少年少女がクルクル回ってる
  6. 綺麗好きな人は除菌シートを持っていった方がいい
  7. ケチケチせず、30分500円で補助具を借りた方が楽しめる
  8. 超混む日でもそんなに混んでる感はない
  9. 小さい子はしっかり見てないと、若い子が突っ込んでくる

 

www.seiburailway.jp

 

 

 

 

 

基本スペック

■アクセス:西武新宿線 東伏見駅 徒歩目の前

 

■駐車場有

一般滑走ご利用の場合

5時間まで1時間100円、5時間以降は一般利用料金

貸切・各種大会ご利用の場合

3時間まで1時間100円、3時間以降は一般利用料金

一般利用の場合(滑らない人)

入庫より24時間最大1,500円(土日祝は2,000円)

8:00~22:00 200円/60分
22:00~8:00 100円/60分

  • イベント開催時は、料金が変更となる場合がある。

■こども料金

滑走  700円
貸し靴 300円

 

■大人料金

滑走 1,300円
貸し靴 500円

 

レンタルシューズ

 

レンタルシューズは、‐1.5cm位がちょうどいいです。わたしの普通の外履き用シューズは28cm。今回使用レンタルした際も28cmを借りると、めちゃくちゃでかい!通常履き用のシューズで表現すると、30cm位の感覚。つま先がめちゃくちゃ隙間出来るし、ふくらはぎの方もガバガバなので、-1.5cmくらいがおススメ。

わたしであれば、26.5cmでもよかったかなーと思いました。(27cmでも結構ゆるい感じ。)

 

そして、こども用レンタルシューズは15cmが最小

うちの子の足が、3歳で14cmとかなので↑の事考えたらブカブカだったんかな~と反省してます。

 

周回コース

 

今までのアイススケート経験は2回だけ。西武遊園地の冬季限定アイススケートリンク。と今回のダイドードリンコアイスアリーナ西武遊園地の方は、上手な子はいても、ガチな人はいない感じ。ですが、こっちはスケートリンク中央にパイロンが立ててあり、中央を「羽生くん目指してます!」みたいな小中高生が一生懸命練習してます。

そのため、一般の「やってみた―い」のようなにわかスケーターはパイロンのまわりをぐるぐる回るのみ。反時計まわりでルール化されてるので、逆走してる人もいません。

基本混みあってますが、もともとが広いためそんなに混雑感はないですね。

 

 

スキー服着用が望ましい

 

服装としてはスキー服が良いです。スケートリンクなので寒いと思いきや意外と滑ってると熱い。普段使ってない筋肉を使っているせいか、結構熱くなってきます。スキー服を着た方がいい理由は、他にあって、転んだときに役に立ちます。転ぶと下は氷だし、リンクもスケート靴の刃でぐちゃぐちゃになってるので、びしゃびしゃになります。スキー服着て無かったカップルとか、小学生くらいの子たちはみんなびしょびしょでしたね。スキー服ないのであれば、せめて防水スプレーしておいた方が無難です。

 

その他、マスクとのど飴は必須かもしれません。基本冷房?かけているので、結構乾燥してます。

 

除菌シートもって行くといろいろ便利

 

除菌シートが必要な場面は、レンタルヘルメット。わたしは、3歳の娘がいるので娘の為に借りました。レンタルヘルメットは無料で借りられます。但し、誰も清掃することなく、鉄のカゴに無造作に収納されているだけ。(体育館にあるバレーボールのようなイメージ)①不特定多数が使っているという不衛生さもありますし、②顎をガードするところにアカがたまっているため、娘にヘルメット着用させるときには、ある程度拭きました。ちょっと不衛生感は否めません。

 

それは大人用のヘルメットも同様です。さすがに超不潔な人がアイススケートをするとは思いませんが、気になる方はちょっと拭くのが良いでしょう。

 

ラビットレンタル30分500円

 

アイススケートは結構危ないです。転倒して頭ぶつけてる少年や、尻もち付いてる女の子、その他、エッジを効かせて止まることのできない少年が突っ込んでくる等、危険はつきもの。ぶつかられたら文句も言えますが、自らぶつかるのは結構きついです。

 

わたしは、スキーやらローラーブレードやらをやっていたので、それなりにすんなりと転ぶことなく滑る事が出来ましたが、周りの同世代、若めの男の子、パパ世代はみんな、バンバンずっこけてました。野球やサッカー経験者でも、斜面を滑るとかそうゆうスポーツした事ない人には結構きついかもしれません。

 

そこで、「ラビット」の出番。ラビットを借りると接地面が大きいので安定して滑る事が出来ますし、こどももすんなりと滑る事が出来るので、重宝します。東伏見の「ラビット」は前が座れるようになっているため、こどもも楽しく遊べます。

 

しかし、土日の「ラビット」借用率はエグイので、すんなり借りる事が出来ません。30分待ちになる事もしばしばなので、リンク入口に「ラビット」があれば、その段階で借りた方がいいかもしれません。

 

混み具合

 

わたしがココで遊んだのは、2019年1日6日の14時~15時30分位。

結構混んでます。が、ギャラリー席も広くかなり余裕があります。スケートリンクも混雑こそしてても、ほとんどの人が滑れてないので多少出来るひとは避けながらツーツー行っちゃいます。わたしもそんな感じでツーツー出来ました。が、たまにいるのが中学生くらいのはしゃいでる男の子。勢い余って壁に激突したり、他のお客さんにぶつかっていったりと、そこら中でしているので注意が必要です。

 

こういった際にも、スキー服の方がクッション性があるし、他人のスケート靴の刃が当たっても切れないので安心です。