いつか絶対本気出す

知識、経験、すべて共有!

【自動車整備士になりたい①】目指す人の職場、最短経路、仕事内容の紹介

 

自動車整備士は、超売り手市場。どこも人材不足であり、よっぽど変な奴じゃなければ、学校を出て、資格を取れば誰でもなれてしまう事実。義理の兄が某●ヨ●自動車の整備士なので、ちょっとインタビューしてみました。

2,400字  2.5分で読めます。

 

要するに

  • 学校さえ出れば、販売代理店で働きやすい
  • 独学はまず無理
  • 町工場は安月給
  • 自動車整備士は接客業

 

 

 

現在の自動車業界の動向

 

業界の市場規模:68兆円

わたしの前職がフィットネスインストラクターでしたが、その市場規模は4500億円。クルマ業界恐ろしや。

 

自動車業界≒自動車メーカーの好調は持続していく見込み。

 

現在の自動車業界は、9,000万台規模。これは国内販売ではなく海外販売が中心である。人口13億人のインド市場や中国市場が安定的な輸出先である。一方、国内の販売台数は500万台とガンガン縮小傾向。

 

今後も国内販売は、若者の車離れ、高齢社会到来の離れ、購入ではなくカ―シェア等の普及により、「買うより、借りる時代」になっているため国内販売は減少していく見込み。

 

独り勝ちしているのは、自動車メーカーのみであり、国内の販売代理店は厳しいのが現状。

 

自動車整備士が働く場所

 

自動車のディーラー

 

天下のトヨタ自動車様を例に上げます。

天下のトヨタ様は、【トヨタ自動車株式会社】がありココで自動車の製造販売を行ってます。ココで製造販売を海外向けに行ったり、国内のディ-ラ-に販売したりします。実際に自動車整備士が働くのは、トヨペット系やらネッツ系と言われる末端の会社です。

 

※ココが重要

どうゆう事かと言うと、トヨタカローラ ●●株式会社が【トヨタ自動車株式会社】から車を買い、それを一般の消費者に販売します。つまり、古い世代のおっちゃん達は、「おー天下のトヨタに就職か!安定だな!」って喜ぶかもしれませんが、その実は、トヨタカローラ ●●株式会社がつぶれてしまったら終わりと言う事。ココ間違っちゃいけないですね。なので、自動車業界の市場規模が大きくても国内販売の厳しい代理店は厳しいままです。

 

※参考:読み飛ばしOK(併売車種一覧)

トヨタ店クラウン・SAI・センチュリー・プリウスエスティマ・アクア・アイシス

トヨペット店SAI・プリウス・プレミオ・マークX・86・マークXジオ・アベンシス・サクシードワゴン・アルフード等

カローラ店カローラフィールダー・シエンタ・ノア・アクア・スペイド・パッソ・ラクティス・ヴァンガード

ネッツ店Ist・ヴィッツ・ピクシス・スペイド・bB・RAV4・ライトエース等

このように、同じトヨタ自動車株式会社で販売している車ですが、各店に併売車種を展開しているイメージ

 

町の自動車整備専業の事業所

 

街中で見る「車検10000円ぽっきり!」とか掲げている所

 


どのように自動車整備士になるのか?

 

専門の【自動車整備学校】を卒業し、2級自動車整備士免許という資格を取得すると晴れて自動車整備士になる事が出来ます。

 

独学で自動車整備士になれるの?


独学は、3級まではOK(自動車整備工場で働いてる事が前提)
>工業高校の自動車科等を卒業すると、3級自動車整備士免許取得が習得できます。がそのまま就職しても高卒感があり、面接ではおとされがち。かつ[3級自動車整備士免許のスタッフ]は[2級自動車免許取得者]以上のスタッフの立ち会いがないと、作業できないため自動車整備作業の基本の「キ」であるブレーキ分解整備も出来ません。

マジ使えね~って思われるどころか、2級もってるひとの邪魔してるくらいに見られちゃうらしいよ。

 

2級自動車整備士免許はどのように習得するのか?


2級自動車整備士免許の取得は、専門学校を卒業している必要があります。2級以上の自動車整備士は誰の立ち会いもなく自動車整備が可能です。

 

1級自動車整備士免許は必須なのか?

 

1級自動車整備免許は、4年生の修士課程が必要です。が、1級自動車整備免許は取得していなくても自動車整備が可能で、1級免許は単なるステータスです。(給料が上がるわけではない)基本大手自動車メーカーの販売代理店の自動車整備士は、社内検定を取得していた方が給料が高いです。

 

実際の仕事内容


・点検整備=車検


自動車は走行距離や経年で、少しずつ部品などが劣化して行くため、定期的に自動車の点検を行います。部品の交換や不具合のチェックを行うことが求められていますが、これを「車検」と言います。事故を未然に防ぐ大切な仕事ですね。

 

・緊急整備


運転中に突然エンジンがかからなくなったり、事故で車体を破損してしまったなど、急を要する事故や故障による整備・修理を行います。主にエンジンや電気系統などを点検して修理箇所を特定していきます。部品の交換や分解などを行い、車が安全に走れるように修理しますが、この作業は稀

 

・分解整備


分解整備はエンジンやミッションなど、自動車の中で特に重要で機械的な部品を分解し、整備します。俗にいう「オーバーホール」。高度な技術を要するため分解整備を行えるのは、国から認可を受けた「認証工場」や「指定工場」のみです。が、専門学校等でも一番最初に習うのjはエンジン回り、分解と組み立てですから2級整備士免許を取得している方ならだれでもできます。

 

結構重要な仕事


整備士の仕事は接客業です。自動車イジリだけでなく、受付~精算や、引き渡しその他の事務作業もあります。また、電話対応での受付・予約対応等も行います。これに関しては、販売店ごとの方針もあるので営業マンが点検を取ってきて整備士が整備して、営業がフィードバックするところもありますし、より専門的な整備士が直接説明する会社もあるようです。

 

 

 

まとめ

【自動車メーカー】と【販売代理店】とは全く違う。

自動車整備士になるには、専門学校を出なければならない。

クルマイジリが好きなだけでは勤まらない。

 

※下の記事では、もっと掘り下げて自動車整備士の仕事内容やその後のキャリアについて紹介します。