いつか絶対本気出す

人生観すべてをさらけ出します。

医療情報コミュ二ケータ(MDIC)認定試験に受かるために

今回は転職して、少し経ったときに受けた、医療系の試験について書きますね。

 

実際に勉強した感想や、実体験を基に書いてますんで、試験控えてる人は参考にして下さい。

 

f:id:Myuichirou:20180912163656j:plain

 

 

MDICとは?(読み飛ばしOK)

MDICの定義と役割

医療機器の基本的な適正使用および関連する技術情報に必要な知識並びにコミュニケーション力を有するとともに、ヒヤリ・ハット、不具合情報等の医療機器に関する安全性情報の収集、あるいは提供の資質を有する者で、MDIC認定セミナーを受講し、検定試験に合格した者から、認定の申請があった者をMDICとして認定します。

1)医療機関の医療スタッフにおけるMDIC認定者の役割
  • 厚生労働省や製造販売業者等から当該医療機器に関する技術的な情報を収集することです。
  • 製造販売業者等の医療機器情報コミュニケータから当該医療機器に関する品質、有効性、安全性に関すること並びに適正使用に関する情報を収集するとともに、同必要情報を提供することです。
  • 医療機器の安全使用に必要とする情報を収集し、院内の医療スタッフに安全教育をおこなうことです。
2)製造販売業者等の担当者におけるMDCI認定者の役割
  • 医療機関の医療スタッフに当該医療機器に関する儀銃的な情報を提供することです。
  • 医療機器の品質確保、有効性確保、安全性確保並びに適正な使用と普及を図る情報を提供するとともに、これらに関する情報を収集することです。
  • 薬事法に則り、医療機器の安全性情報を医療機関に提供し、また適切に収集することです。

3)医療機関と製造販売業者等の双方にMDICが配置されることで情報伝達が円滑となり、医療の安全に寄与するだけでなく、お互いの信頼関係も生まれます。

 

 つまり

お薬はMR(医薬情報担当者)

不動産なら宅建(宅地建物取引士)

金融ならFP(ファイナンシャルプランナー

医療機器ならMDIC(医療情報コミュ二ケータ)

それぐらいの位置付けでしょうか?

 

f:id:Myuichirou:20180912163526j:plain

MDICに受かると

こんな合格証明書等が届きます。

f:id:Myuichirou:20181002094520p:plain

この点数から見ても、半分取れてなくても合格か?と勘違いしそうですね。

f:id:Myuichirou:20181002094541p:plain

そんな気もしてますが、、、

 

MDICは役にたつ?

f:id:Myuichirou:20180905161159j:plain

個人的にどこで訳に立つか?って聞かれれば、「別に…」的な位置付けだと思います。

 

MDICを持っていようが持っていまいが、お客さんである、医者からしたら数多くの業者の一人であるため、特段の意味は持ちません。

 

また、MRと違って歴史もほとんどないため、別にMDICの認定を受けていなくても、営業活動はできます。

 

強いて言うなら、医療機器業界から医療機器業界への転職時には多少役に立つでしょうか。

 

基本的な事知ってるよねって事で、信頼感はあると思います。

 

実際、先生や臨床工学技士の方々と名刺を交換しても、「MDICもってるんだ!」みたいな事にはなりません。名詞に「臨床工学技士」と書いてある方が、「へー元技士なんだね」と話の種になりますね。

 

 

MDIC認定資格の受験方法

セミナー受講料:22,000円を所定の振込先に振込ます。

>4科目のテキスト代及びスライドレジメ集を含みます

 

(わたしが受けた時は20,000円でスライド無でした。)

 

申込から試験当日まで、半年くらい空くので正直勉強モチベーションは保ち辛いです。

 

 

結構面倒なのが、eラーニングのビデオ視聴です。

 

私が受けた2018年度の動画は4科目合計100本以上の動画を見なければなりませんでした。

そして、動画を見ずに飛ばして最後まで見たことにすると、バレるようになっていて視聴完了になりません。

 

動画も全部試聴しないと試験が受けられませんので対策として

テレビや、シャワーをしている最中にとりあえず流しておくのが、ベターです

 

最後に面倒なのが、意味のわからない小テスト。

11回以降はあるかわかりませんが、

問題はビデオ内容理解の小テストではなく、ビデオをちゃんと見たか?否かの小テストなのです。

 

どんな問題かというと、「スライド3の左下に出てきた数字はなにか?」と、全く出題とは無関係な問題です。

 

この意味のないテストに回答しないといけませんでしたので、面倒でしたね。

 

そして、そして、顔の映っていない、どこぞのお偉い先生の講義(G様の声)をひたすら

聞いてるだけなので、ちゃんと聞くのであれば、フリスク必須です。

 

↑取引先の先生だったら笑えない

 

おススメは、

1、とりあえず音消して全部流し、試聴した事にするちゃんと観る

2、過去問やって、問題集にマーカ―引いてわからない所を見つける

3、わからないところだけ、講義を改めてちゃんと聞いてみる。再度講義をちゃんと観る

 

これで良いでしょう。

 

出題方法

5択一方方法です。確か、50問程度だったと思います。

また難しい計算などもないので比較的回答はしやすいです。

 

難易度

広く浅く、な問題なので比較的簡単?だと、思います。

が、人によっては難しい問題があります。

 

例えば、パソコンの回路(CPUかメモリの意義)について試験に出てきます。

エロ動画集めるためにパソコンのスペックを上げまくっていた筆者にはめっちゃイージーでした。が、女性や、PCに疎い方は始めて聞いた言葉も多く出てきますから、難しいかもしれません。

 

逆に、JANコードの構成、様々な疾患などなどは、そんなん聞いたことも考えたこともねーし!だったため覚えるのも時間がかかりました。ここら辺は、MEさん(臨床工学技士)や看護師さんは強いのではないでしょうか。

わたしと同じようなサラリーマンはしっかり対策したほうがいいですね。

 

また、酸素タンクの色は?二酸化炭素は? 一方酸素配管の色等、ちょっとひっかけてこようともしますので、ある程度の注意は必要です。

 

 

出題範囲

過去問からやるべきです。

とは言っても、過去問が出版されてる訳ではありません。

超優しい方がMDICの過去問をまとめてくれてますのでこちらを参考にしてください。

 

 

2017年度以前は全国主要都市の会場に集められ1日8時間ある、講習を4日間受けていたそうです。その時に出ていた問題はレジュメから出題されることが多かったようです。

わたしの時からはeラーニングみたいなやつになってしまい、スライドが2018年以前の物の4倍くらいになってました。

(スクショでスライド作って以前に受けた人に聞いたら、スライド多!って、驚かれました)

 

なので最初からスライドを参考にせずに、過去問周辺の知識を入れておくのが良しです。

 

f:id:Myuichirou:20180709132437j:plain

 

勉強方法

上でも記載しましたが、MDIC認定試験には過去問がありません。が、超イイ人が過去問集つくってくれてます。

こちらを参考にしてください。

具体的な勉強方法

わたしの具体的なスケジュール書いていきますね。

 

MDIC認定試験 3か月前

上記紹介した過去問を参考に、出題された所を確認し、MDICから送られてきた参考書にマーカーを引く

1週間で1教科を目標。

 

MDIC認定試験 2ヶ月前

マーカーをしたところ周辺のみ覚えようと試みる

覚えらんねー!とテンションになり、その周辺の講義を試聴

 

MDIC認定試験 1ヶ月前

過去問を見て、こんな感じに出てくるだろーなーっていうのを作ってみる。

 

試験当日

落ち着いて受験。

 

 

これやっとけばよかったなと思う事

 

f:id:Myuichirou:20180912162551j:plain

臨床医学

上に紹介した過去問集にはありませんでしたが、

各臓器ごとに様々な疾患名と症状が載っています。

そこは、頭にいれておいた方がいいです。

各臓器で1問づつ計5問程度出題されてました。

 

臨床工学編

JIS T 1022で病室などの医用室に設備しなければならないと言われているのは、「医用接地センタ」、「医用接地端子」ここら辺でるので、やっとけばよかった。

 

 

医療概論編

正しいのを選べ、

①200床未満の病院が毎年増えてきている

②精神病棟の病床数がここ10年で2倍に増加した

③臨床工学技士が減少している

臨床検査技師数は医師数より多い

⑤・・・

この辺も出てきた。

 

事故分析手法の一つであるP-mSHELLの、“m”の意味はどれか

①man

②Machine

③Management

④Media

⑤Medicine

この辺も出てきた。

覚えづらくて、捨ててましたが、しっかり出てきちゃいましたね;_;

 

医療情報編

病名 = ICD-10

手術・処置マスタ = ICD-9-CM

標準医薬品コード = HOT

臨床検査項目分類コード = JLAC10

標準画像検査コード = JJ1017

標準医療機器コード = GS1-128

画像情報交換規約 = DICOM

保健医療情報交換規約 = HL7

 

ここらへんも覚えておけばよかったと、後悔・・・

 

まとめ

大学病院や、中規模病院で働いている看護師や、臨床工学技術であればイージーな問題ばかりです。

 

他のブログを見ていただくとわかりますが、わたしは法学部出身、スポーツトレーナーを経て医療機器メーカーに転職10ヵ月目に受験して受かったので、そんなに心配することはありません。

 

偏差値45の高校、Fランク大学推薦で入った経歴(つまり勉強が出来ない)でも合格できたので、みなさんも試験頑張って下さい!