いつか絶対本気出す

知識、経験、すべて共有!

【フィットネスクラブでバイトしたい!】フィットネスクラブ社員が教える:アルバイトの仕事内容

こんにちは。ゆういちろうです。

今回はフィットネスクラブでのアルバイトさんの仕事内容について書いていきますね。

 

f:id:Myuichirou:20180414224326j:plain

 

 

 

  • 自己紹介

大学1年の頃に筋トレに出会う

大学2年で中国のビルダーと筋トレ開始

就職活動でスポーツクラブの社員を目指す

5回の面接を経て入社

2010年4月~2016年までフィットネスクラブの社員として活躍
NSCA‐CPT
健康運動実践指導士を取得


その後、サブマネージャーになり給料が変わらないのに、業務量が増え転職

こんな経歴です。社員としてフィットネスクラブの業務(仕事)は一通り経験しマネジメントしてきましたので、熟知している方だと思います。

 

  • 前提

f:id:Myuichirou:20180705105521j:plain

フィットネスクラブと言っても、フィットネススタッフ・フロントスタッフが完全に分かれている店舗もあれば、ごっちゃになってる店舗もあります。

 

 

  1. 大型店舗:会員数4000名~7000名前後(東京:新宿・渋谷・池袋など)
  2. 中型店舗:会員数3000名~4000名前後(東京:都心23区駅前や大阪梅田とか)
  3. 小型店舗:会員数1000名~3000名前後(東京:郊外や地方都市駅前)

↑ のように分類したた時

フロントと、フィットネスが完全に分かれている店舗は、比較的大型の店舗に多いです。

ごっちゃになってる店舗は、小型の店舗に多いですね。

中型店舗だと、アルバイト経験が長いと、フロントの人間がマシン案内出来たり、

フィットネスの人間が、フロント手続きが出来たりします。

 

今回は、フィットネスセクションの仕事内容について記載していきますね。



 

~初級編~ (時給:950円前後)


・体組成計の説明方法


会社や店舗によって異なりますが、

Inbodyを使用しているスポーツクラブがほとんどではないでしょうか。
このような機械で、

f:id:Myuichirou:20181121160611j:plain

*1

このように結果用紙が出てきます。

f:id:Myuichirou:20181121161055g:plain



この説明は案外難しいです。

どのような点が難しいかというとこちらの記事で説明してますので、

確認してみてください。

 

www.recommend-to-muscle.com

 

 

・基本的なマシンの案内方法

マシンの説明って、知識だけじゃ出来ないのがスポーツクラブの難しい所。 

お客様とのコミュニケーションや気遣い心遣いが問われる場所です。

どのような点が難しいかというとこちらの記事で説明してますので、

確認してみてください。

 

 

www.recommend-to-muscle.com

 

 

 

~中級編~(時給:950円~1000円)

f:id:Myuichirou:20180620134703j:plain

  • フリーウエイトの使用方法

フリーウエイトの説明方法は本当に難しいですよね。

・ジムで筋トレしてたー

・親がビルダー

・兄がフィジーカ―

こんな感じの家族構成じゃないと正しいベンチプレスのやり方もわからないはず。

筋トレを好きになるまで、先輩アルバイトにお任せしてもいいかもしれません。

 

  • 自社サービスの実施

 

 

フィットネスクラブには各社様々なダイエットプログラムがあります。
基本的に店舗の休館日に丸一日かけて研修し基礎的な事を学んで、実戦形式の研修を経てから行います。

どこの店舗も休館日は平日ですから社員もしくは、フリーのアルバイターやる事になるかもしれません。

 

  • ストレッチサービス等の実施

 

どこの会社も商品名を、「パーソナルストレッチ」としてますね。
大体15分2160円くらいで販売していて、お客様にストレッチを施術します。
このストレッチも研修を経てから行うわけですが、力加減や気遣いが問われるサービスです。

例えば、マッチョが80才のお客様に対して思い切りハムストリングスのストレッチをかけたとしましょう。

おじいちゃん悶絶間違いなしです。
その他、店舗内で何人かにお客様役をしていただき、練習
その後マネージャークラスに受けてもらって最終合格、その後デビューって感じでしょうか。

前職の会社はそのような流れでした。

これを取得すると、ストレッチ料金の30%前後が自分の収入になります。

小遣い稼ぎ程度にはなります。

 

  • ショートレッスン

ズバリ空き時間を使用した、10分15分程度のレッスンです。
内容は、「らくらく腹筋-」とかそんなタイトルでやってるのではないでしょうか。

基本的に「音に合わせて」レッスンは進行しますから、
4ビートとか、8ビートと言った、音を取る練習から始まります。

あとは自重を使った腹筋運動を音に合わせて行います。

参加人数も多くて10名程度なのでイージーなレッスンです。

 

~上級編~(時給1000円~1500円)

 

※補足ですが、1200円以上の時給をもらうアルバイトは早々いません。

5年以上勤務しないと到底到達できないレベルです。 

 

 

  • スタジオレッスンの取得

スタジオレッスンはアルバイトでも持ってる人は結構いらっしゃいます。

むしろ、スタジオレッスンを持つ=独立を考えてる人、という認識です。

スポーツクラブでアルバイトをしていると、レッスン習得の機会はたくさんあります。

ヨガやピラティスなど、専門スキルや柔軟性が必要なものに関しては、取得の機会は少ないです。
>個人の能力に依存するので。


ですが、エアロビ系や、ダンス、格闘技系エクササイズなどは、比較的誰でもできますので取得は容易です。
有名どころだと、レスミルズや、MOSSA(旧BFS)などが多い印象です。

2~3日社内研修を受け、その後自店舗に戻りビデオ撮影、アメリカ本土にビデオを送り合否を受けます。

まー大体は合格でしょう。

アルバイトをしながら様々なレッスン実施資格を取得、将来的に独立し、1本3000円~8000円位で実施するようになります。

 

参考:mossa

www.mossajapan.com

 

 

参考:レスミルズ

www.lesmills.com

 

 

  • アクアプログラム

アクアビクスや、泳法レッスン(4泳法:バタフライ・背泳ぎ・平泳ぎ・クロール)等を教えるクラスです。
アクアビクスレッスンも2~3日の社内研修を受け、社内オーディションを通してデビューします。

泳法に関しては、覚える事がないので比較的に楽です。
そのため、小中学校の時に水泳やってました。って方は誰でもレッスン実施が出来ると思います。
その代わり、泳法は他のプログラムと違って振付(プログラム)がないため、「考えながら」また「人に合わせて」
指導する必要があります。
そこが泳法レッスンの楽さであり、難しさでもありますね。

 

  • パーソナルトレー二ング

f:id:Myuichirou:20180620135115j:plain

パターン①
アルバイトスタッフもパーソナルトレーナーとして活躍する機会があります。
この方法は、ご自身で勉強して
NSCA(National Strength and Conditioning Association)
JATI(Japan Assosiation of Training Instructors)
NESTA(Japan Assosiation of Training Instructors)
などなど
資格を取り、本社のパーソナル事業部的な部署のオーディションを受け合格し、デビュー。

こういった方は、将来的な独立志向が高く、アルバイトをしながらお客さんを獲得し
後々独立。その店舗で働き続け、セッションフィーの収入を
アルバイト(3割)⇒ フリーのトレーナ―(8割)
このように増やす方が多い印象です。

パターン②
「(社名)クラブ認定パーソナルトレーナー」資格を取得するパータン
これは、フィットネスクラブが契約しているパーソナルトレーナー育成会社が実施する研修を受け、オーディションの後デビューする感じです。
フィットネスクラブ各社、様々な会社と契約しており、トレーナーを育成するトレーナー先生達がいます。
1日8時間前後×10日くらいの研修を受けます。
基礎的なトレーニン
身体バランス(左右差)の見方
動きの中での左右差
これらに対するアプローチ
肩こり・腰痛の原因を探る方法 
等など

内容は多岐にわたります。


前職の会社は、社員は全額会社負担でしたが、アルバイトは半額負担でした。
理由は、社員がパーソナルトレーニングを提供しても自分の収入は0円だからです。
逆にアルバイトがパーソナルトレー二ングセッションを提供すると3割前後が入るためですね。
このレベルだと他社では活躍出来ないので、この知識を利用してNSCA等を取得するのが近道かもしれません。

 

  • 担当業務の取得

フィットネスクラブには多くの業務があります。

 

:パーソナル(以下:PT) この担当業務は、業務委託PTとの調整や、アルバイト兼PTの売上管理や、売り上げ向上のための施策立案をしながら予算達成を目指します。基本は、本社の「パーソナル事業部」と言うところのマネージャーが店舗に見合った予算(目標)を立てて、店舗スタッフはそれに向けて販促活動をします。そこに配属する社員と共に予算達成に向け活動します。

 

:スタジオ

 

わたしが思う一番大変な業務がこちらのスタジオ担当です。

(略して:スタ担)

こちらの業務は30名~50名以上いる、

外部のダンス・ヨガ・ピラティス等のインストラクターとのスケジュール調整、

時間調整、フィー(スタジオレッスン1本当たりの対価)調整をします。

 

これも社員と協力しながらやっていく感じですね。

 

:セールス

基本的に店舗の入会目標等は本社から下りてきます。

 

それについて、入会獲得に対しての施策をサブマネージャーやマネージャーと打ち合わせをし、「入会金・~月分会費無料!」とかを決めて行きます。

フィットネスセクションでは、体験に来た「未来顧客」の入会率や

体験からどのように入会に導くかを、担当社員と相談します。

 

:シフト

 

シフトと言っても正確にはタイムテーブル作成。

~年~月~日のシフトを見ながら、タイムテーブルを作成し、

一日の営業が円滑に回るように作成します。

エクセル使えないときついかもしれません。

 

 :ショップ

ウエアや発汗サプリ等本社が立てたスケジュールにより準備、販売促進啓蒙します。

 

ここ結構適当です。

 

あんまり頑張ってる店舗見た事ないです。

会社が契約してる卸の服屋さんから大量に送られてくるスポーツウエア

などをひたすら並べて、売るだけです。

 

アルバイトさんの担当業務はこんな所でしょうか。

その他、発注関係・清掃関係等・経理業務等、多岐にわたります。

 

 

まとめ+補足

如何でしたでしょうか。

肌感覚として、筋トレ好きの学生や、トレーナーを目指す専門学生には

おススメですね。

フリーターの方はダブルワークが必要かもしれません。

 

  1. フィットネスでのアルバイトは稼げない
  2. 独立志向があるなら良い
  3. 筋トレ好きの学生には良い
  4. フリーターだと、レッスン習得は覚悟した方が良い
  5. 業界の流れとして、シフトカットが進んでる
  6. 楽なのは、24時間フィットネス!

 

*1:株式会社フジテックスより引用