いつか絶対本気出す

知識、経験、すべて共有!

【スポーツクラブで働きたい①】 社員の仕事内容(フィットネスクラブ社員解説)

【フィットネスクラブで働きたい!】 バイトも社員も何やってんの?~フィットネスクラブ社員解説が解説しますね。

 2800字程度、3分で読めます。

簡単に言うと、

  • 就職活動して
  • 担当業務は結構しんどいのが多くて
  • フィットネスとは関係ない仕事が多い

 

 

※合わせて読みたい

 

www.recommend-to-muscle.com

 

 

 

スポーツクラブの社員になるには?

まず、スポーツクラブの社員になるには、ズバリ就職活動です。あくまでサラリーマンですからね!普通に履歴書を出して面接等を経て行きます。私が入社した時は、就職氷河期時代と言われてたので、770名受験して私含め5名採用されてました。

 

 

面接回数は5回。あまり覚えてませんが、1回目・2回目・最終が集団面接、3回目がSPI-2、4回目がグループディスカッションでした。今は売り手の時代なのでもっと少ないかもしれませんが。このような就職活動を経て就職します。

 

社員の研修

あまり興味ない方も多いかと思いますが、どこのクラブも接客業なので接客研修は充実してるはずです。私は、親会社グループ企業の新入社員と共に1週間の接遇研修を受けました。(どこの世界も親会社の社員は優秀で、6大学卒が多いので、結構ひきます

 

そのあとは、2週間程度マシンの使用方法や、体組成計の結果解説の仕方を勉強します。

 

www.recommend-to-muscle.com

 

 

www.recommend-to-muscle.com

 

この辺読んでおけば、楽勝です。その後は、配属店舗にOJTで先輩社員に仕事を教わっていきます。

 

新入社員最初の壁

冒頭にもお伝えしましたが、フィットネスクラブスタッフのほとんどはアルバイトです。古い店舗になればなるほど年齢を重ねたアルバイトがたくさんいます。そして、人間関係も出来上がってます。そのため、未経験新入社員の人は覚悟が必要です。

 

あなたが新入社員22歳とします。部下は経験豊富なアルバイト32歳です。

 

人格がしっかりしたアルバイトであれば優しくウエルカムですが、社員目指しているアルバイトさんや閉鎖的なアルバイトさんは注意が必要です。

 

年配アルバイトの気持ちとしては、

①何も分からない

②年下の 

③自分より役職の高い社員 

がある日、ポッと入ってきました。あまり良く思われません。

 

これが最初に現れる新入社員の壁です。それも半年くらいで払拭できると思いますが、下記が重要になります。 ①元気な挨拶 ②学ぶ姿勢 が非常に重要になってきます。この2つを行って、後輩感出せれば勝ちです!

 

フィットネスクラブでの社員の役割

基本的に一番最初は、現場(ジムエリア等)に出されて、みなさんご想像の通りのインストラクター業が始まります。しかし、それも入社半年くらいまでです。

 

その理由は、

  • 基本的なマシンの案内はアルバイトに案内をしてもらいます。
  • 専門的な案内はパーソナルトレーナーが行うためです。

そのため社員には(個人の業務習得スピードにもよりますが)担当業務というものを割り当てられます。

 

次からは、どんな担当業務があるか見ていきましょう。

 

 

社員の業務内容

  • パーソナル(以下:PT)

この担当業務は、業務委託PTとの調整や、アルバイト兼PTの売上管理や、売り上げ向上のための施策立案をしながら予算達成を目指します。基本は、本社の「パーソナル事業部」と言うところのマネージャーが店舗に見合った予算(目標)を立てて、店舗スタッフはそれに向けて販促活動をします。

 

店舗社員とアルバイトスタッフと言うのは基本距離が近く、お友達感覚なので「みんながんばろうね~! オー!」のような感じで、現場に出るアルバイトスタッフを鼓舞します。そのため、アルバイトとの信頼関係が非常に重要になってきます。

  • スタジオ

わたしが思う一番大変な業務がこちらのスタジオ担当です。(略して:スタ担)

 

こちらの業務は30名~50名以上いる、外部のダンス・ヨガ・ピラティス等のインストラクターとのスケジュール調整、時間調整、フィー(スタジオレッスン1本当たりの対価)調整をします。インストラクターの人数もさることながら、人気のインストラクターや、業務委託=フリーターです

 

そのため、我が強かったり、協調性がなかったり、曲者ぞろいです。そのため担当の時は非常に苦労ました。社会人経験(サラリーマン・OL経験者)のある方は、非常に聡明な方が多かったように思いますね。

 

  • セールス

基本的に店舗の入会目標等は本社から下りてきます。それについて、入会獲得に対しての施策をサブマネージャーやマネージャーと打ち合わせをし、「入会金・~月分会費無料!」とかを決めて行きます。

 

これも、PT業務と一緒で、「がんばろー!おー!」な業務。後は、フロントスタッフの手続きミス等もしっかりとチェックします。

 

  • シフト

この業務は2番目につらい業務だと思います。 冒頭にも挙げたとおり、アルバイトが飛びぬけて多い業界なので、各アルバイトの要望を聞きながらシフトを作ります。

しかし、

  • 人件費の削減を上からは推進される。
  • アルバイトは稼ぎたいし、好きな時に休みたい。
  • 人件費がいくらあっても足りないので削る。
  • 削られたアルバイトからは文句を言われる。

このシフト担当は結構つらいです。テスト期間・GW・クリスマス・年末年始、休み希望を出します。そのようなケースの人集めも大事な仕事です。

 

  • ショップ

ウエアや発汗サプリ等本社が立てたスケジュールにより準備、販売促進啓蒙します。ここ結構適当です。あんまり頑張ってる店舗見た事ないです。会社が契約してる卸の服屋さんから大量に送られてくるスポーツウエアなどをひたすら並べて、売るだけです。

 

  • 施設

地味につらい仕事です。

  • スポーツクラブは施設を開放する、施設解放業でもあります。
  • プールやお風呂、空調システム等をメンテナンスする業務です。
  • 例えば、トレーニングをしたら汗をかきますよね?
  • 人によればびしゃびしゃになります。
  • そんなとき、お風呂場のシャワーが出なかったら?
  •  真夏の暑い日に、冷房が効かなかったら?
  • お風呂のろ過システムが故障しお風呂で細菌が繁殖、めちゃくちゃ濁っていたら入りたくないですよね。

 

その辺をメンテナンスするため、何十年も入った事ないような天井裏にもぐったり、

配管をみて水の流れを把握したり、まるでマリオ配管工のレベルの知識が要求されます。意外とつらいです。施設管理は男性に多いですね

 

その他、発注関係・清掃関係等・経理業務等、多岐にわたります。これら挙げた3点はアルバイトスタッフがやる事が多かったです。

 これらの業務を2・3個掛け持ちしながら日々勤務します。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

店舗スタッフ社員の役割について解説してきました。このほかにも、スタジオレッスンを持ったりフィットネスの現場、フロントの現場に立ったりと現場社員は忙しいです。そして、トレーニングを指導することがすべてではないところがギャップで退職する人も多いですね。社員の担当業務知ってれば、面接ウケしますよ!