いつか絶対本気出す

知識、経験、すべて共有!

【結論】KKR たから荘~平湯温泉~は最高なのか?レビュー

f:id:Myuichirou:20190201163220j:plain

たから荘の露天風呂は至高



 


KKRたから荘が至高だったのでレビューです。

2分で読めます。

 


簡単に説明すると

  • とにかく静か
  • こどももいない
  • 客層がなんだか上品
  • 料理が豪華
  • 風呂が最高

 

 

 


場所

 


東京からー道路、松本インター出口から1時間半、上高地を抜けてーダムを横目にホテルに到着。スキーシーズンは山道に雪がすんごいのでスタッドレスタイヤは必須。急ブレーキ、急ハンドルは厳禁です。

 


魅力

 

なんといってもお風呂でしょう。男女共に内湯と外湯の構成。源泉かけ流しで、内湯は結構熱め。内湯のはじっこのオーバーフローに行くお湯が外に流れます。(泊まってもつば吐かないでね)

 


冬の時期は本当に幻想的で、露天風呂の周りに雪が積もり、湯気が出てる。スンバラしいです。

 

f:id:Myuichirou:20190201163206j:plain

内湯から

f:id:Myuichirou:20190201163323j:plain

露天風呂



カランは確か、三ヶ所。シャンプー、コンディショナー、ボディソープが付いてます。

 


食事

 

夜ごはん

 

豪華ですよ~。こんな感じ。飛騨牛やお刺身の舟盛りがあります。これで、8500円は安すぎる。その他、湯葉や、焼き魚、茶碗蒸し等、豪華絢爛です。

しっかりお品書きまで用意されており、先付、前菜、作り、凌ぎ、台の物、煮物、温物、揚物、食事、水物と料亭か!ってつっこみクオリティ

覚えてる範囲で、

卵豆腐

季節野菜の盛り合わせ

イワナの姿造り

飛騨牛の握りずし

鳥そば

飛騨牛ステーキ

飛騨牛のローストサラダ

アユのお浸し

天ぷら

飛騨牛のしゃぶしゃぶ

ごはん

プリンとフルーツ

こんな感じ。1つ言える事は、60代までいくと、この量受け付けないと思います。

 

f:id:Myuichirou:20190201163357j:plain

ゆうげ1

f:id:Myuichirou:20190201163410j:plain

ゆうげ2

 

朝ごはん

干し大根

塩鮭

湯豆腐

とうばみそ

厚焼き卵

サラダ

ご飯

味噌汁

こんな感じ。前日の夜食べすぎてるので、翌日の朝食はこれでも多いくらい。

食堂は、広く余裕のある作り。冬の土日にも関わらず、

 

※食堂はぶっちゃけ結構寒いので、上に着るもの必要

 

客層

 

年配者が多い印象です。

シーズン中の土日にも関わらず、若者はうちだけ。スンバらしいです。年配のご夫婦が1組、大先輩の70~80過ぎのピン男性が2組、上品なお婆ちゃん2人組でした。そのうち一人の男性は、元オリンピック委員会の役職者で風呂場でお話しました。「お?ぼけてんのかな?」と思ってましたが、その人の乗ってたクルマはメルセデスベンツAMGだったので、本当でしょうw

 

後は、30連泊してるおばあちゃん。東京世田谷区の自宅まで、たから荘のスタッフが迎えに来るんだそう。超VIPな扱いされてました。マジ養子にして欲しい。

 

とまー結構Higt Endな方々がいらっしゃいました。繰り返しますが、若者おらず。。。

 

近くに観光が出来るところも大してなさそうなので、しょうがないか?

 

たから荘に宿泊したらココに行け!

 

ココに行け、っていうよりは、むしろココしかない。

 

ひらゆの森

 

わかりやすく言えば、めっちゃ最高なお風呂です。わたしとしては、どこぞの○江戸温泉より、ひらゆの森ですね。男性風呂は7つ、女性風呂は9つもあります。内湯は、昭和レトロな感じで、広々としてます。ですが、くっそ熱い!おじいちゃんになって、温度感じる器官が壊れて無いと入れないくらいの熱さ。

 

外湯は、濁り湯から硫黄系まであり、厳選かけ流しです。広さが半端なく、男性の外湯は、テニスコート3面は楽にあるんじゃないか?って広さ。特に込み合ってるわけでもないので、ココはちょーおススメ。千と千尋にも出てきそうな感じです。

 

その他、湯上りどころも良くて、合掌作りになっていて雰囲気抜群。お土産コーナー、寝ころびコーナー、食事処、カフェまで併設してます。カフェは、東京で擦り切れた心を癒すかの如くな景色が一望できます。森の中のカフェって感じ。(正確には山の中なんですけど)

食事処には、各所にストーブが用意されていて、冬はあったかいです。掘りごたつ、テーブル、座敷とあり、天井も高く広々としています。

飛騨牛鉄板焼きや、ジンギスカン定食、奥飛騨ラーメンなど、一部観光地価格な料金設定もありますが、他に使うところないのでココで使っても文句は言えません。

 

平湯温泉スキー場

 

平湯の森か、平湯温泉スキー場しか、遊ぶところないです。

コースは結構初心者向け。サーフィンは下手だけど、スキーは上手なわたし。コースが少ないので、飽きちゃいますけど、人も少ないし、レストランのご飯もおいしいです。

 

リフトその他の価格はこんな感じ

リフト券料金  
●1日券(土・日・祝) 3,500円
  ●1日券(平日) 3,000円
  ●ジュニア1日券(半日券はなし) 2,000円
  ●半日券(午前) 2,000円
  ●半日券(午後) 2,000円
  ●共通回数券(10回) 2,500円
  ●シーズン券 30,000円
  ●1回券 300円
レンタル料金  
  ●スキー3点セット(板・ブーツ・ストック) 3,000円
  ●ボードセット(板・ブーツ) 4,000円
  ●ウェア(上下) 3,000円
  ●そり 500円

 

まとめ

 

平湯は避暑地です。夏でも、28℃前後で、東京のような気持ち悪い暑さにはなりません。とにかく、やることがない。自然Only

人が少ない分ゆっくり出来ます。親子孫三世代で、熟年カップル、ご夫婦で、ドライブがてらいかがでしょうか??

 

現場からは以上です!