いつか絶対本気出す

知識、経験、すべて共有!

【絶対失敗しない】フィットネスクラブの5つの種類と選び方

 

夏に向けて、はたまた、体力アップ、けど運動苦手で、スポーツジムの入会は心配だし、どんなジムに入会すればいいのかわからない。ましてや、おじいちゃん、おばあちゃんに運動させたいんだけどー、っと悩んでる人も多いかと思います。

 

大手総合フィットネスクラブ社員兼、パーソナルトレーナー兼、介護予防運動指導員の経験を生かし、最善の方法を案内します。

 

 

 

 

ます初めに、全員一読

 

世の中にどんな業態の運動施設があるのか説明

 

フィットネスクラブの種類

f:id:Myuichirou:20190518223502p:plain

※pexelsより引用



 

総合フィットネスクラブ

f:id:Myuichirou:20190518235510p:plain

※pexelsより引用



どんなとこ?

 

  いわゆる、ティップネスとかコナミスポーツクラブ、ジョイフィット、ナス、ルネサンスなどなどが展開しているようなフィットネスクラブが主体です。

 

マシンジム、スタジオレッスン、プール、お風呂、サウナなどがあります。

 

特徴

スタッフが常駐しているので、使い方がわからないマシンなどがあればすぐに聞けたり、筋トレ施設としての役割でなく、ヨガや、ピラティス、ダンス要素のあるスタジオレッスンもあり非常に魅力的です。

 

スタジオレッスンも参加してるのは基本は中年女性がメインだし、ぶっちゃけプロっぽいユニフォームに身を包み、イントラさんと仲良く話してても動けてる人は少ないってのが、フィットネスクラブの常識

 

利点

また、温水プールを併設してるお店がほとんどで、季節に関係なく水泳や、水中ウォーキング、アクアビクスなどが出来るので、今日は筋トレ気分じゃないなーって時は気分転換にも役立ちます。

 

 

なので、おじいちゃん、おばあちゃんなど、お年寄り傾向の方は逆に人が常駐してる、総合フィットネスクラブがいいかもしれません。

 

働く人

総合型フィットネスクラブの場合は、社員が36名前後、アルバイトスタッフが8割、スタジオインストラクター及びパーソナルトレーナー(個人事業主)がメインです。

 

これらの人員が多数いる為、安全に運動が出来るところがいいですね。

 

 

デメリット

会費が高い。

 

大手フィットネスクラブのフルタイム会員(いつでも使える会員)の月会費は都心だと12000円くらいが相場です。東京郊外だと8000円~10000円くらいです。

 

ホリデー会員(土日のみ)の会費で8000円とかです。

 

結構会費が高いですよね。

1しか通わなかったら、120003000円計算です。

 

しかし、近年では大手フィットネスクラブも会員の取り合いをしており会費単価を下げてきてます。

例えばU29(アンダー29:29歳以下の会員対象)会員を設定し、都心店舗のフルタイム会員で8000円とか値崩しをしてます。

U29なんかは、現在のフィットネスの客層が高齢化してきたためっていうのもありますね。

 

向いてる人

  • 筋トレデビューしたい人

   バイトが常にいるので使い方を聞ける

  • 継続して通える人

   会費高いのであんまり行けなきゃもったいない

  • 時間に余裕がある主婦層

   お金ありそう(勝手な想像)

  • やってる感、通ってる感出したい人

    最近スポーツクラブ通ってるんだ!ってネタになる

 

 

向いてない人

  • 1レベルでしか通わない人

   12.3000円は高いでしょ~

  • 職場の近くだからノリで入会した人

(仕事で疲れたらいく気無くなります)

 

 

向いてない人へ、解決策

フィットネスクラブデビューは早いです。公共の体育館のジムエリアで十分。

 

 

おまけの豆知識

 

ちなみに、都内で最大級のスパ施設を持つのは、東急スポーツオアシス新宿店です。

新宿店にあるにもかかわらず規格外の大きさを誇るプールがあるのでオススメですね。

 

 

 

昼間は、中年女性たちのコミュニティが出来上がっており、新参者の中年女性は昼間通いづらい環境が出来上がっている。(東京都下は特に)

 

 

 

 

24時間フィットネスジム

f:id:Myuichirou:20190518235702p:plain

※pexelsより引用

  最近めっちゃくちゃ勢いをまして出店しているの24時間営業のフィットネスクラブ。

マンションや、ビルのワンフロアを使って出店しており、年中無休でトレーニング出来るのが特徴です。

プールやお風呂、スタジオレッスンはありませんので、筋トレメインですね。(シャワーはある)

 

スタッフも常駐してないため、マシンの使い方を聞きたくても聞けない環境であり、個人的には筋トレ初心者にはおススメしません。

 

大体の店舗は入会手続きのため10時~19時にはいますが、トレーニングに詳しいスタッフはあまりスタッフはいないですね。

 

聞きたかったらパーソナルトレーナーを雇え!って感じでアメリカナイズされてます。

 

店舗小規模だけれども、24時間オープンしているため、私のように朝5時から筋トレしたり、仕事帰りの夜中筋トレも出来るのが嬉しいところ。

 

特徴

24時間営業のフィットネスはフランチャイズ経営が多いため、施設毎によってマシンの種類や数が違います。筋トレ好きオーナーが運営しているところであればマニアックなマシンがあり、筋トレ上級者も喜ぶ施設ところもありますが、ぶっ飛んだオーナーの店舗だと、公園の健康遊具の方がまだ有益!ってクラブもあります。

 

わたしが思うに、エニタイムが無難かな?と。

理由は、首都圏であれば大体の駅に店舗があるので、筋トレ難民にはならないですね。

 

筋トレ好きには、Joyfit24がおススメです。

店舗数もそれなりに多く、なにせよわたしが通ってるジョイフィット24 新中野店が秀逸!その他、花小金井店、三鷹店、西早稲田店の設備がいいですね。オーナーに感謝です!

 

www.recommend-to-muscle.com

www.recommend-to-muscle.com

 

 

向いてる人

筋トレ経験者

 

向いてない人

筋トレ初心者

(下手な人が筋トレしてもフォームがダメで怪我するか、左右差のある変な筋肉がつきます。)いつも下手くそな人見ててそう思う。

 

 

解決策

24時間フィットネスデビューをしたい人は、総合フィットネスクラブに入会して、ベテランそうなスタッフに質問しまくって筋トレフォームマスターになって出直す。

 

もしくは、市民体育館みたいなところで都度利用し、筋トレマスターの弟子になり、成長する

(市営、区営体育館みたいなところは、どこでもモンスタークラスがたまにいるので、その人たちにお世話になりましょう)

 

カルチャースクール

f:id:Myuichirou:20190518235821p:plain

※pexelsより引用



ヨガスクールとか、ピラティスとかがこの部類ですね。数年前はホットヨガブームとかもありました。

最近では、

闇サイクリング

(暗いスタジオ内で、イントラやプロジェクションマッピングにならってハイテンションでチャリンコマシン漕ぐ)

闇ボクササイズ

(闇サイクリングのボクササイズ版)

 

など多数のカルチャースクールがあります。値段はピンキリで単発1500円~とかもあれば、しっかり会費とって月会費14000円とか30000万とか、値段はピンキリです。

 

メリット

変な人が少なくその道に精通した人にレッスンを教えてもらえるってところです。

総合型フィットネスクラブもヨガのイントラとかもちろんレッスンしてくれますが、

 

 

ちなみに、総合フィットネスクラブは、レッスンを受けたい人以外にも、筋トレナルシストや、非モテのブ男など様々な人種がおり、中には強制退会させられるようなファンタジスタもいます。

 

強制退会させると比較的ゆるい24時間フィットネス堕ちするか、誰でもウェルカムな市営、区営体育館に堕ちますね。

 

けどカルチャースクールはそもそも会費が高いのでへんなやつがいないってのが特徴です。

 

 

デメリット

それ一択ってところ。

ヨガならヨガ、ピラティスならピラティス、闇サイクリングなら闇サイクリングしか出来ません。風呂入りたいなー、筋トレしたいなー、泳ぎたいなーなど一切出来ませんから、ご注意を

 

向いてる人

  • 気取ったおばさん
  • 気取ったOL
  • 新しい物好き人間

 

向いてない人

  • 飽き性
  • 友達とノリで入会したような人

後々結局行かなくなり後悔

 

解決策

総合フィットネスクラブに通ってみて、スタジオレッスンを受ける。ヨガなどが楽しくてたまらない!っと感じたらスクールデビューそんな感じです。

 

市営、区営体育館

f:id:Myuichirou:20181222165748j:plain

市営、区営体育館は、わたしの地元や自宅付近だと、西東京市総合体育館(都立田無高校裏)や、中野体育館(中野区役所裏)などがあります。どんな市区町村でも必ずある施設です。このようなところは、民間企業に業務委託してるところがほとんどです。都内であれば、東京アスレチッククラブや、東京ドーム、ティップネスなんかが業務委託契約を結び体育館の運営をしていますね。

 

このような体育館は、小中学校の体育館の他、ミーティングルームや、トレーニングルーム、場合によってはプールなんかも併設されてたりして意外と侮れません。

 

このような市区町村運営の体育館のトレーニングルームを使うメリットは、とにかく利用料金が安い点です。価格帯としては2時間200円~400円程度です。たまに東京体育館(ティップネス運営)のような2時間600円のような強気運営の利用料金を取るところもありますが、場所と完璧な設備を考えたらそれも納得です。

あとは、意外と人が少ないです。ユーザーが市区町村運営の体育館をナメているのかは知りませんが、午前中なんて働くスタッフの方が多いくらい。また、筋トレ上級者も少ないので初心や、女性はとっつき安いと思います。

スタッフも常駐してるので、いくらでも質問出来るし、建前は市区町村運営のためパーソナルトレー二ング(有料プログラム)を押し売りしてこないのでその辺の煩わしさはないです。

 

デメリットは、

レベルが低い施設もある

たまに変なやついる

 

ってところです。

施設によっては、油圧式マシン(リハビリ向け)だけしかなかったり、ダンベルが10㌔までしかなかったりと、やっぱり総合フィットネスクラブや、24時間フィットネスには劣る施設も多々あります。

逆に運動初心者や、おじいちゃんおばあちゃん、ちょっと痩せたい女性なんかは、それで十分だったりもします。

しかし、週56でガツガツ筋トレしたい人には不向きです。

 

あとは、変なやつたまにいます。

やっぱり利用料金が安いので、マナーの悪い学生や、フィットネスクラブ強制退会させられた人、入れ墨入っててそもそもフィットネスクラブ入会出来ない人も来ます。

トラブルに巻き込まれたりする事は滅多にないですけど、仲間同士でギャーギャー騒いでたり、マナー悪いところを見ていると、気分良くはないですよね。

 

向いてる人

  • 墨入り人(ちゃんと隠す必要あり)
  • 1、週2レベルトレーニング予定
  • オンリー土日のみのトレーニン
  • ご年配者(朝から夕方まではお年寄りばかり)
  • 筋トレ初心者(24時間デビューはまだ早い人)
  • 学生
  • 主婦層

 

 

向いてない人

  • ウィークデーは全て仕事で、早朝か深夜しかトレーニング出来ない人
  • ヨガとかピラティスとかスタジオレッスン系をやりたい人(プログラム自体無いところが多いから不向き)

 

 

カーブス

f:id:Myuichirou:20190519000047p:plain

※pexelsより引用

この商売は上手いなー!っと思います。カーブスは女性限定のジムです。様相はコンビニ程度の大きさで、油圧式マシン(リハビリなどに使用)がたくさんあり、音楽に乗せてサーキットトレーニング!(連続でさまざまなトレーニング器具を巡回しながら筋トレする事)

 

メインターゲットは5060代の女性です。女性限定なので、男性の視線が気になる人だったりはいいのではないでしょうか?

 

地域の介護予防運動教室に毛が生えたような感じです。

 

向いてる人

  • 高齢女性

 

向いてない人

  • 男性(まず入会不可)
  • 若年層女性(おばあちゃんばっかりでびっくり)

 

 

目的別

 

続いて目的別にどんな営業体型のクラブが向いているのか解説していきますね〜

 

運動不足解消

f:id:Myuichirou:20190519001107p:plain

※pexelsより引用

   結論

総合フィットネスクラブか、市区町村運営体育館のジムエリアでトレーニング方法を身につけて、24時間フィットネスに乗り換え

 

運動不足解消の人は、そもそも運動すらした事ない人が多いです。

 

その状態で見よう見真似で筋トレをし、肩を壊したり腰を壊したりしたら、みっともなくて目も当てられないので、総合的なフィットネスクラブのスタッフにフォームや注意点を習得してから、比較的会費の安い24時間フィットネスに移籍した方がいいです。

 

 

市民体育館で十分

 

 

ダイエット、ボディメイク

f:id:Myuichirou:20190519001039p:plain

※pexelsより引用



総合フィットネスクラブに入会し、最初はスタッフの勧めるパーソナルトレーナーを雇い、3ヶ月でパーソナルさよなら。その後、市区町村の体育館のジムエリアもしくは、24時間フィットネスにてダイエットを頑張る。

 

これ一択ですね。

 

ダイエットを決意しても、大体の人は絶食コースか、炭水化物抜きダイエットとか、ペラッペラの付け焼き刃知識で、思うような結果が出ず、挫折コースもしくはリバウンドコースを歩みます。

 

ダイエット目的であれば多少ボディメイク要素も入って来ますから必然的にトレーニングが必要なわけです。(ニコルだってやってるし)

 

であれば、しっかりとしたトレーナーを付け筋トレフォームや食事方法を実践すべきです。

ただ、パーソナルトレーナーに払う金は無限にあるわけではないので、そこで技を盗み、一人で実践コース。

 

これがマストです。

 

いきなり、24時フィットネスとか入会しても挫折するのでやめておきましょう。

 

どんなパーソナルトレーナーがいいかというと、ベストボディジャパンやフィジーク 、ボディビルなどに出てるトレーナーなら誰でもいいです。彼らは原料とボディメイクのプロなので間違いない。

 

 

お年寄りの運動不足解消

 

市民体育館もしくは、カーブス(女性限定)がいいのではないでしょうか?市区町村体育館のジムエリアで働く人って近所のおばちゃんトレーナーが多いし仕事が楽すぎてスタッフの入れ替わりが少ないため、スタッフも常連さんを結構覚えてます。常連になれば率先してフォームとか直してくれる(暇だから)のでおススメです。

 

あとはカーブスですね。わたしの祖母が通ってて楽しそうだからいいんじゃないですか?笑

 

 

レベル別

初心者がいきなり無理しても危険。結構適当に書いてますw

 

 

運動神経悪い芸人レベル

運動初心者

総合フィットネスクラブか、市町村運営体育館のジムで、スタッフとコミュニケーション取りながら筋トレを学び24時間フィットネスデビューを推奨。ほかの項目でも書いてますが、筋トレ素人がいきなり負荷かけて筋トレしても思うようにできずに挫折するだけ。

そもそも負荷かけてなくても、一回教わったくらいではフォームを習得できずに終わります。

 

総合フィットネスクラブや、市区町村運営の体育館ジムエリアにはスタッフが常駐してるのでそこでしっかり筋トレをマスターしてから、近所の24時間フィットネスかなにかに移籍して下さい。

 

これが正解です。

 

 

中級者・上級者

中上級者がそもそも、どんなジムに行こう!?なんて悩むわけないですけど一応ご紹介。わたしの自宅の近くには24時間フィットネストの、エニタイムが2店舗、ファストジム1店舗、バイタルジム1店舗、ジョイフィット1店舗あります。(全てチャリで5分圏内)

 

24hフィットネスクラブのカラー

 

それぞれ良さがあって

中野新橋のファストジムは施設は微妙だけど地域最安

同じく、中新のバイタルジムは出店数は少ないけどマシンは比較的良いのが揃ってる

新中野のエニタイムは、広くのびのびとトレーニング出来るけど、マシンは星2

中野坂上のエニタイムは立地はいいけど、施設的には悩ましい。

西新宿のエニタイムは会費は高いけど設備はGood。ここなら安い会費のエニタイムで入会して、たまにトレーニング来るくらいでいいかな?ってところ

 

総合的に判断して新中野のジョイフィットがわたしとして一番しっくりきました。

 

 

つまり、いろんな24時間フィットネスあるけど、大体フランチャイズだから施設ごとに置いてるマシンも、フリーウェイトの機材も、雰囲気も全部違うので、見学して決めた方がいいですね。

 

 

おじいちゃん、おばあちゃん

f:id:Myuichirou:20190519001231p:plain

※pexelsより引用

総合フィットネスクラブはもったいないので、市区町村運営の体育館か、介護予防教室、カーブス、その辺で十分。

 

総合フィットネスクラブのプールやスタジオ、お風呂など全て活用できるくらいの体力がある人は、大手フィットネスクラブでいいと思います。

 

しかし、結構バリアフリーが実現出来ていない施設も多いです。都心部で、大手でも古い施設だと3フロア分をクラブとして運営していても各階への導線が全て階段だったり、お風呂場にたくさん段差があって危なかったりと危険は多いです。

 

わたしも社員時代たくさんクレームもらいました。

 

ワンフロアで完結してる総合フィットネスクラブならまだ考慮の余地ありますが、身近なおじいちゃん、おばあちゃんを入会させるのであれば、絶対見学させた方がいいですね。

 

総合フィットネスクラブが難しいようであれば、市区町村運営の体育館トレーニングジムでも十分。基本的にマシン類は揃ってるし、働くインストラクターも近所のパートさんがほとんど。だから、週3回くらい通ってれば顔と名前も覚えてくれるし、間違った使い方してたら声かけてくれます。さらにさらに午前中~夕方までは、老人ホームのような客層。

 

近所にカーブスがあればカーブスでもいいかもしれません。

 

カーブスの詳細はをチェック!

 

 

 

 

性格別

 

なんでも三日坊主

f:id:Myuichirou:20190519001325p:plain

※pexelsより引用

市区町村運営の体育館のジムエリアで筋トレしてみて、筋トレ好きだなーって思えたら24時間フィットネスデビューしてみたら?

 

総合フィットネスクラブはそもそも会費高いし、何月分会費無料キャンペーンとかに引っかかると結局携帯電話のように入会継続していないといけない縛りが発生するのでもったいない。

 

であれば2時間300円とかで使える公共の体育館でトレーニングしてみてから本格始動が一番理想的です。

 

飽き性

 

総合フィットネスクラブスタートでいいでしょう!

プールやスタジオを併設してるスポーツクラブはその分出来ることも多いです。筋トレ向いてないなー、って思ったらスタジオレッスンで、ダンスや、ヨガ、ピラティスとかに挑戦してもいいし、おばちゃん達と踊ってらんないわ!っていうなら、プールで水中ウォーキングしててもいいし、男前なインストラクター、美人なスタッフ捕まえてくっちゃべっててもいいし、やれることは多いです。

 

なので飽きっぽい人は、そんなんでもいいのでは?

 

 

 

全てを犠牲にして筋トレ

f:id:Myuichirou:20190519001348p:plain

※pexelsより引用

24時間フィットネスで決定!

フォームとか心配なら運動初心者の項目をチェック!

 

 

通える日数別

 

お金無駄にしないためのご提案。

 

1(土日どっちか)

 

公共の体育館(市区町村運営の体育館)のトレーニングルームで決定!

 

公共の体育館のジムエリアって2時間300円~400円程度。マックス高くても2時間800円以上は見たことありません。

 

プールや、スタジオ、お風呂を併設している大手総合フィットネスクラブは会費が東京郊外のフルタイム会員(いつでも使える)で800010000

都心部は、12000円~15000円くらい。

 

はっきり言って無駄なので、筋トレやってみたい。土日どっちかくらいは動かないと。レベルであれば公共の体育館で十分。

1だったら1回通うのに2000円ですからね。それが300円で済むなら十分でしょう。

 

 

 

23

 

大手総合フィットネスクラブか、筋トレメインなら24時間フィットネスがおススメ

 

個人的には週2であれば公共の体育館。週3であっても体育館です。笑

 

筋トレメインであれば公共の体育館ジムエリアで十分。

プールとかスタジオメインなら総合型フィットネスですね。

 

46

 

24時間フィットネスもしくは、総合型フィットネスクラブですね。

それで問題ないです(もはや適当回答)

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

フィットネスクラブってダイエットや、ストレス解消に通うだけではなく、習い事や仲間作りの方もたくさんいらっしゃいます。

 

クラブ選びの参考になればこれ幸い。

 

暇な時に情報UPしていきます。

 

現場からは以上です。