いつか絶対本気出す

知識、経験、すべて共有!

【結論】失敗しない仕事の仕方8つのポイント

どのように集団の中で立ち回ればいいのか?成功してる人はどんな事をしているのか?自分が散々失敗してきたので失敗しない生き方、損をしない生き方、失敗しない生き方をまとめました。

 

2分で読めます。

 

簡単に言うと、

超基本的なことが出来てない奴は、淘汰される。そんな感じです。

目次だけでも読んでください。

 

 


悪口、批判を言わない

f:id:Myuichirou:20180905165020j:plain

 

これはわたしが社会人になって一番失敗したと思うこと。巡り巡って本当に自分に返ってきます。これは、スポーツクラブ社員時代ににもあったことで、上司の悪口ですらない事、を話しました。内容は、[サブマネージャーの~さんと、アルバイトがちょっと仲悪くて、バイトの人たちが協力的じゃないんですよねー。]と本社の人間に喫煙所で漏らしました。1週間後くらいでしょうか。マネージャーと2人きりになったとき、[お前~の悪口本社で触れ回ってるらしいな。]と高圧的に言われました。

 

それからどんな指示に対しても、全員に対する指示も、わたしとは目を合わせてもらえなかったり、挨拶も無視されたり、悪態をつくようになりました。その3ヶ月後人事異動になりました。一年半での異動なので、関係があるかないかは言うまでもありません。

 


現職でも、悪口ですらない事でも人に伝わって大変なことになりました。

 


人の悪口、批判、批評はしないに越したことはないって事です。

 

 

 

わからないことを分からないままにしない

 

f:id:Myuichirou:20180710132229j:plain


ちょっとでもわからない単語、専門用語はそのままにしてはいけません。自分の成長を失う事と同じです。最低でも、この単語2回は目にしたな?前も出来なかったなーって思うことは、次にで出来た時に熟せるようにならなければなりません。

 

ひまな仕事なんてないと思います。日々の業務に気を取られ、あとでいっか!にしてしまうと忘れてしまいます。

 

 

いろんな業界がありますが、その業界で得た知識は点のように一つづつしか入ってこないかもしれますが、仕事をしてると一つの点が線になり、面になるタイミングがやってきます。なのでわからないことを分からないままにしていると成長が止まり同じところで躓きます。

 

 

 

お金に関することは全て自分の事と捉える

 

f:id:Myuichirou:20180711130549j:plain


これをしてると上司からの評価が上がるのとともに、数字に弱い人でも会社の金の流れ、会社の将来性が客観的に見えてきます。

 

 

資金が潤沢な会社なんて本当一握り。大体がカツカツの状態で運営されてます。備品一つ、ボールペン一つ自分のであれば雑に扱わないです。

 

プリンターを使うとき、自分用の資料だったら紙もったいないからミスプリントの裏紙とか使いますよね。上司に当たる人は、上から費用を抑えろー!って常日頃から言われてます。

 

無駄な紙を量産するA君と、物を大事にする質素倹約なBさんだったら、上司はどちらを評価するでしょうか?

 

また、会社の収入がどれだけ給料として分配されているのか?会社の収入がどこにどれだけ掛かっているのか?そこらへんは結構重要です。

例えば同業他者に転職するときにもその会社の規模感や財務状況がわかるようになります。

 


当事者意識をもつ

 

f:id:Myuichirou:20180709115123j:plain


個人事業主でない限り人と関わらなければ生きていけません。営業なら特に重要です。

 

相手が求めるもの、相手の発言、それらは何だろう?と考えることが重要です。買ってください!うちの会社に発注してください!いうのは簡単ですが、その顧客にも上司がいてその人の許可をもらわなければなりません。

 

自分の上司を説得するには何が必要かな?自分がこんな提案されたら、こーゆーことが聞きたいな?それにはどう答えようかな?というさじ加減が重要になってきます。

 

事務でもそう。この人はこーゆー頼まれ方したら嫌がるだろーな。こーゆーことなら出来るだろうな。と言うのを想像する。

 

いくら想像しても想像通りにいかないことがほとんど。しかし、そこまで相手のことを考えて行ったプロセスや気遣いは、マネジメントする立場になったとき、人を率いる力に変わります。

 


話を聴く

f:id:Myuichirou:20180905161218j:plain

 

話を聴く、というのは言い換えれば、癖です。この話は関係ないなー、なんて思いながら聴いていると周囲から、何も考えていない、とか、自分本位だと評価を受ける可能性があります。

 

しかし、しっかり話を聞いて、こーゆー場合は?これはなんなの?自分だったらこうする。

 

っていうのを常日頃から考えておくと、周りからの評価も変わるし、話を集中して聴くことで状況や、知識が勝手に入ってきます。

 

また自分が主催者としてミーティングなどを開いた時には、このような質問が来そうだからこれは準備しておこうかな?っと用意することが出来ますし、用意が出来れば論理的思考が身につきます。

 


作った文章は読み返す

 

f:id:Myuichirou:20180710131807j:plain

 これはまさに自分の事です。わたしは大体のことは率先してやるし、要領よくやります。しかし、そのかわり中身が粗い。

 

就職すると、稟議書や、決裁書などを書くことも増えてきます。わたしが書く文章は、誤字脱字が散見してます。これが結構多いです。

 

自分で文章を作っていると自己満足して、我ながら良い文章だな。これなら、上も説得できるな。なんて、考えたりします。そりゃ、一発で良いものを作る人もいますが、全員が全員そうではありません。


一度作った文章は、まず置いといて違う業務を行いましょう。1時間後でも2時間後でもその時改めて作った物を確認します。そうするとミスを未然に防げるし上司からの評判も上がります。

 

 

 


人が嫌がることを率先してやってみる

 


人が嫌がる事って言っても、トイレ掃除とかではないです。めんどくさい仕事や手間のかかる仕事っていうのは、誰かがやってきた仕事です。

 

そーゆー仕事というのは概ね上に登った人たちが行ってきてる印象です。一部断れない人がやらされてる場面もありますが。

 

めんどくさい事ばかりやっていると、そのめんどくさい事の仕事の仕方が身につきます。めんどくさい事ってどこの会社も大体一緒で、なにかの企画を主導すること。

 

なにかの書類を作ること。そーゆーことなんですよね。そのような事って一人でやることはほとんどなく、他者を巻き込みながら仕事をすることが多いです。その中で勝手にリーダー素質になっていきます。やらされリーダーをこなしてるうち、昇進の話がで出来た時に、成績だけの人間と、リーダーになった人どちらを、課長、部長にするでしょうか??

 

細かいことほど丁寧に

f:id:Myuichirou:20180705105521j:plain

 

会社員として働いていると、俺は(わたしは)もっと出来るのに!なんで任せてくれないんだ?と感じる場面が多々あると思います。

 

なぜあなたの上司はあなたに仕事を振ってくれないんでしょうか?それはあなたに任せたら不安だからです。不安じゃなければ任せます。

 

任される人は、些細な事でも、細かい事でも気づいて片付けていきます。誤字脱字がない書類、提出期限を守る、積極的に発言する。そんな当たり前なことがなーなーになってくると忘れてきます。任され事は、試され事。ーしてね。と頼まれたらそれはあなたの仕事のスピードや正確さをチェックされてると思いましょう。

 

まとめ

上に挙げた8項目は注意してても、ふとした瞬間出来ていなかったりしますね。気がついたら人の悪口言ってたり、忙しいを言い訳にして書類チェックしてなかったり。やるもやらないも本人の勝手。それが社会です。